カロバイプラスはアレルギー体質なら?

カロバイプラスはアレルギーを持った方
は注意が必要です。

 

カロバイプラスの公式サイトでは
「食品アレルギーをお持つの方は
原材料名をご確認のうえ
お飲みください」
と注意喚起されています。

 

では、
カロバイプラスの原材料を確認して
いきましょう。

 

 

【1】キトサン(カニ由来)
甲殻類から抽出される動物性の食物繊維。

 

キトサンは腸内の脂肪を吸収して
体から排出する効果が期待されます。

 

脂肪が体内に吸収されることを防ぐため
肥満防止の働きがあります。

 

※カロバイプラスに含まれるキトサンは
カニ由来のため、甲殻類アレルギーの方
は医師との相談がおすすめです。

 

※キトサンは水分を吸収するため
水分量が少ないと便秘になる恐れが
あります。

 

※消化されにくいキトサンを取ると
胃腸が弱い方は腹痛や下痢になる可能性
があります。

 

 

【2】セレン含有酵母
抗酸化効果があり、動脈硬化や老化の
予防効果が期待されます。

 

成人の1日の摂取量は約300μgまでです。

 

※過剰摂取すると嘔吐、疲労感、下痢、
胃腸障害、腹痛が起こる恐れがあります。

 

 

リスクがあるのは以上、2つの成分です。

 

甲殻類アレルギーは
エビがダメでもオキアミは平気
というように特定の物質が入っているか
どうかで発症します。

 

 

アレルギー体質の方は、医師との相談の
うえ、カロバイプラスを始めましょう。

 

さらにカロバイプラスの成分を詳しく
見るには
500円モニターキャンペーン中の
公式サイトでご確認くださいね。

 

 

お試しワンコイン!
500円モニターキャンペーン中の
⇒公式サイトはコチラ⇒

飲み合わせによって悪影響が?

飲み合わせの影響は相互作用とも呼ばれ、
薬と食品の食べ合わせ、または薬と薬の
飲み合わせによって出ることがある
悪い影響を指します。

 

 

飲み合わせによって
・薬の効き目が出すぎて副作用が
起こる
・薬の効き目が弱まって
病気が治りにくくなる
といった相互作用が起こる場合が
あります。

 

 

薬局で薬を購入するときにおくすり手帳
を提出するのは
別の病院で処方された薬との
飲み合わせによる相互作用をふせぐため
なんですね。

 

 

薬剤師さんは相互作用をさけるために
処方箋やおくすり手帳の情報の
チェック、過去の薬歴の確認を
行っています。

 

 

飲み合わせは薬と薬の組み合わせ以外
にも
・降圧薬とグレープフルーツ
・ワルファリンと納豆や青汁
・抗結核薬とマグロやチーズ
・睡眠薬とアルコール
・総合感冒薬とコーヒーやコーラ
・胃薬と炭酸飲料
・免疫抑制剤や強心剤と
セントジョーンズワート
といった食品と薬でも相互作用は
起こります。

 

 

健康食品にあたるサプリメントも
薬との飲み合わせには注意が必要。

 

 

薬を服用されている方はカロバイプラス
を購入するまえに薬剤師や医師に
相談しましょう。

 

 

また、妊娠中の方や授乳中の方は
カロバイプラスを始めるまえに
第一に赤ちゃんへの影響を考える必要が
あります。

 

主治医との相談の上でカロバイプラスを
はじめていきましょう。

 

お試しワンコイン!
500円モニターキャンペーン中の
⇒公式サイトはコチラ⇒